海旅山旅

ヨット(レーザー)とテレマークと登山

11月16日(月) 牛ノ寝通り(山梨県小菅村)

以前から気になっていた牛ノ寝通りを歩いていた。晴天に恵まれたが、紅葉はとっくに終わり、落ち葉をかきわけ歩いてきた。

f:id:BSFlanker:20201117115847j:plain

 

小屋平BS=石丸峠=天狗棚=牛ノ寝=大ダワ=小菅の湯

スタートは小屋平から。先行するのは年配の男性。あっという間に見えなくなった。

f:id:BSFlanker:20201117120307j:plain

今日も朝一での急登。落葉が進み、すっきりした冬の森。なんだかおなかがすいてきた。

f:id:BSFlanker:20201117120507j:plain

林道に出て、富士山と大菩薩湖が見えてきた。この後、登るにつれどんどん小さく見えるようになる。

f:id:BSFlanker:20201117120822j:plain

まだまだ急登は続く。

f:id:BSFlanker:20201117121009j:plain

ちらりと見えるのが丸石峠かな

f:id:BSFlanker:20201117121248j:plain

石丸峠は風の通り道で西からの冷たい風が吹きぬけている。ちょっと休もうと思ったが、よくない。

f:id:BSFlanker:20201117145515j:plain

 天狗棚まで足を延ばすと風道からそれているのか風も穏やかで、展望も抜群。熊沢山と大菩薩嶺

f:id:BSFlanker:20201117145925j:plain

今日も南アルプスがよく見える。来年こそ行かねば。

f:id:BSFlanker:20201117150207j:plain

天気はいいし、展望はいいし、あまり人もいないし、いいところだ。これから行く牛ノ寝通りはどれだろう。

f:id:BSFlanker:20201117150805j:plain

分岐に戻り、ここからつづら折れを急降下。

f:id:BSFlanker:20201117150954j:plain

急坂が2か所ほどあり、まだ降りるのかと思うほど降りる。

f:id:BSFlanker:20201117151527j:plain

落ち葉をかき分け降りていくが、落ち葉の下にある石とか木の根が見えなくなり、危なくてしょうがない。

f:id:BSFlanker:20201117151824j:plain

途中でホシガラス?を見かけた。地面で下に落ちていた木の実をついばんでいたが、近づくと木の上に移ってまだ何かをくわえている。 ブナの実かなあ。ホシガラスがこのあたりにもいるのかなあ。

f:id:BSFlanker:20201117152018j:plain

500mほど降りてきてやっと坂道も終わり、榧ノ尾山。といってもほんの盛り上がり。

f:id:BSFlanker:20201117152615j:plain

ここから多少の登り下りを繰り返し、ほとんど標高を落とすことなく明るい森の散歩が始まる。少しだけ紅葉も残っていた。

f:id:BSFlanker:20201117152953j:plain

落ち葉をザクザク、わらわらと踏んで歩くのは気持ちいい。

f:id:BSFlanker:20201117153208j:plain

歩いても歩いてもどこまでも続く枯れ葉道、ちょっと飽きてきた。

f:id:BSFlanker:20201117153522j:plain

落ち葉で踏み跡が薄くなり、黄色いテープに導かれ狩場山へやってきたが、

f:id:BSFlanker:20201117153715j:plain

テープはあるが踏み跡は全くなくなった。GPSを見るとここはトレールから外れてた。あぶない。テープについて別の稜線に入るところだった。元に戻ってさらに進む。

f:id:BSFlanker:20201117154040j:plain

冬の光は頼りなく、なんとなく夕暮れを感じさせる。うーん、山の日没は早い、間に合うかなと、ちょっと心配になってきたころ、大ダワの分岐に到着。

f:id:BSFlanker:20201117154229j:plain

ここで最後のお茶をして牛ノ寝通りから離れる。日のあるうちに降りられそう。

f:id:BSFlanker:20201117154536j:plain

f:id:BSFlanker:20201117154644j:plain

道幅が狭いうえに左はかなり急で深い谷。あれ、この道でいいのか。地図の読み方を間違えて、等高線を逆に読み右が谷だと思い込んでた。この道で正解。落ちないように慎重に。

f:id:BSFlanker:20201117155118j:plain

細い尾根をたどり、途中で谷に降りる急こう配の道を降りる。この分岐がわかりずらい。標識が何もない。おすすめではないのかな。

f:id:BSFlanker:20201117155447j:plain

途中で心配になりGPSで確認する。見上げると急だなあ。ここは登りたくない。

f:id:BSFlanker:20201117160112j:plain

別の稜線からの道と合わさり、まだまだ降りてゆく。

f:id:BSFlanker:20201117160945j:plain

沢底まで下りてきて坂道はおしまい。 山沢川に沿って降りてゆく。

f:id:BSFlanker:20201117161211j:plain

沢に沿っていくつもワサビ田があったが、どうやら台風や大雨で土砂が入り込みもう使ってないようだ。

f:id:BSFlanker:20201117161558j:plain

沢を何度も渡り返し降りてゆく。

f:id:BSFlanker:20201117161731j:plain

山道が終わり、あとは舗装された車道を歩いて小菅の湯へ歩くだけ。

f:id:BSFlanker:20201117162004j:plain

何とか日のあるうちに降りてこられた。ちょっとのんびりしすぎたか。この後小菅の湯でゆっくりし、バスで奥多摩駅へ向かう。 

 

 

今日も一日晴れ しばらく好天が続きそう。

実況天気図(2020年11月16日)


往路JRの事故でバスに乗れないかと思っていたが、待っていてくれて助かった。このバスも平日運航は今週まで、土日も12月中旬まで。使えるうちにまた来たい。