海旅山旅

ヨット(レーザー)とテレマークと登山

11月24日(火) 扇山(山梨県大月市)

牛ノ寝通りを歩いた日に大月駅の待ち合わせで秀麗富嶽十二景のパンフレットを見て気に入ったので、少しづつ歩いてみようと思い、かみさんとやってきた。急登が続き、思ったより大変だったが、なんとか少し晴れ、富士山が見えたので良かった。

f:id:BSFlanker:20201125085120j:plain

 

梨ノ木平=大久保山コル=扇山=大久保山コル=梨ノ木平

大月カントリークラブ裏の梨の木平からスタート 登山道の整備のための管理施設があり、よく手入れされているようで、感謝です。読図すると後半から急登となりそう。

f:id:BSFlanker:20201125085645j:plain

思ったより急な道を今日もゆっくりと上がるが、自分より年配の男性があっとゆうまに登って行った。ほかの山に縦走するのかな。

f:id:BSFlanker:20201125090130j:plain

杉の植林の中の水場で一休み

f:id:BSFlanker:20201125090259j:plain

水場のすぐ上にあった祠

f:id:BSFlanker:20201125090704j:plain

ここから急登が続くが九十九折れになっていて、それほどでもないが、展望はない。

f:id:BSFlanker:20201125090526j:plain

 

ツツジ新道への分岐で裾のほうだけ富士山が見えた。

f:id:BSFlanker:20201125091132j:plain

ここからもつづら折りの急登が続く。 杉の植林から広葉樹の森へ植生が急に変わった。

f:id:BSFlanker:20201125091620j:plain
やっと稜線が見えてきた。晴れてきた。山頂での展望が期待できそうだ。

f:id:BSFlanker:20201125091758j:plain

大久保山のコルに登りついた。北に見える奥秩父の山がわからない。

f:id:BSFlanker:20201125092038j:plain

コルから見えた盛り上がりは山頂ではなかった。山頂はもう一つ先。明るい気持ちのいい道が続く。

f:id:BSFlanker:20201125092154j:plain

山頂が見えてきた。

f:id:BSFlanker:20201125092338j:plain

秀麗富嶽十二景 第四番の扇山 山頂は明るい広場 他に誰もいない。

f:id:BSFlanker:20201125092555j:plain

マユミの実が赤くきれい。

f:id:BSFlanker:20201125092703j:plain

しばらく待っていると富士山がきれいに見えてきた。 

f:id:BSFlanker:20201125093038j:plain

富士山もきれいに見えて今日は満足。これで下山。

広葉樹林から針葉樹林へ

f:id:BSFlanker:20201125093745j:plain

ツツジ新道へ分岐する

f:id:BSFlanker:20201125093931j:plain

踏み跡が薄くなり、あまり歩かれてないようだ。うーん大丈夫かな。

f:id:BSFlanker:20201125094120j:plain

稜線に乗ったが、踏み跡がなくなる。稜線を外さなければ大丈夫なはずだが、やぶもあり、引き返すことに決めた。

f:id:BSFlanker:20201125094438j:plain

ここで単独のお姉さんが後をついてきたのがわかり、どうするのかと思ったら、「扇山への道ですか」と聞いてきた。下山道ですよと教えてあげたが、あんなにはっきりした道標を見てなかったのかなあ。 で、分岐へ戻ると年配の15,6人のにぎやかなパーティーが休んでいた。にぎやかな声がいつまでも谷あいに響いていた。f:id:BSFlanker:20201125100758j:plain

紅葉も少し残ってた。

f:id:BSFlanker:20201125101118j:plain

水場で甘いコーヒーを飲んで一休み

f:id:BSFlanker:20201125103644j:plain

ここからはすぐに登山口へ

f:id:BSFlanker:20201125103856j:plain

登山口で振り返るとあれが山頂かなあ。

f:id:BSFlanker:20201125103957j:plain

今日はここまで

 

関東南部は曇りがちだが、このあたりは晴れていたようだ。

実況天気図(2020年11月24日)

標高が低かったが、割りと急な登りが続き意外だった。下りの途中で単独男性があとどれくらいかと尋ねてきた。かなりばてていそう。駅からだとちょっと辛そうだ。

次の秀麗富嶽十二景はどこにしようか、ちょっと楽しみ。