海旅山旅

ヨット(レーザー)とテレマークと登山

12月2日(水) ヨットのトレーニング

今日は少し風が強く、強風レッスンになりそう。それに今年一番の寒さ。沖にはセールボードがかなりの速さで走っている。手持ちのウィングボードのフォイルも出ていた。

f:id:BSFlanker:20201204171416j:plain

関東南部に低気圧が生まれつつあり、そこに向け北東の風が吹き込んでいるようだ。

北東の風 7,8m/s ブローで10m/s 波は0.3 うねりが少し

実況天気図(2020年12月02日)

コーチからこの後風が上がってくるといわれ迷ったが、この風域に慣れておきたいので、ひどくなるまで乗せてもらうことにした。

レーザーラジアルで、今日はコーチに同乗してもらう。心強い。

陸風なので白波が立ちにくく、どれだけ吹いているのかわかりずらい。湾内にワカメの養殖網が張られていて、それをよけながら、ずっしりと重い北風を受けブロードリーチで沖出しする。網を避けながら上下を3本ほど走らせる。風は強いので風向きははっきりとわかるが、相変わらず湾内の風向きはふれ回る。風がさらに上がってきて、レッスンはここまでとなる。

クローズでヒールがハイクアウトしても抑えきれない。上へ逃げる。シートを出す。なかなかスムーズにできない。

コーチのアドバイス ボートスピードが必要。ブローの中でも止めなければ何とかなる。風域によってクローズラインは変わってくる。風がおさまっている間にできるだけ高さを稼ぐ。セールの開きは60度まで。ローリングはシートの引き込みが足りない。風の弱いときはセールも弱気、風の強いときはセールも強気。

強風域に少し慣れてきたが、ジャイブはまだできない。